モグワンドッグフードはトイプードルに合う?与える量や注意点は?

トイプードルは、他の犬種に比べて健康で長生きする犬種と言われていますが、トイプードル特有の病気や健康に気をつけたい事柄があることをご存知でしょうか。

そして、トイプードルは頭がよく警戒心も強いという傾向があるため、すぐ餌に飽きてしまう、食べムラがあり食が細いなど悩みのある飼い主さんもいるのでは

この記事では、『モグワンドッグフードはトイプードルに合う?与える量や注意点は?』と題して、モグワンが食いつきに繋がると理由などをお答えしていきますので、参考にしてみてください。

モグワンとトイプードルとの相性は?

モグワンにトイプードルは相性が良いか気になるところ。

結論から申し上げますと、モグワンはトイプードルの健康維持・病気にかかりにくい体づくりに活躍してくれる栄養バランスや成分が含まれていると言えるでしょう。

トイプードルに合うドッグフードの選びのポイント

では、具体的にトイプードルのドッグフードの選ぶには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

ポイントをおさえてご紹介しますね。

良質なたんぱく質の肉・魚が豊富に使用されているドッグフードを選びましょう

トイプードルは、運動能力が高いにもかかわらず、関節が弱いという傾向があります。

先天性疾患の場合もありますが、その他の対策としては、健康的な丈夫な体づくりのためにも良質なたんぱく質を肉や魚から摂取できることが好ましいとされています。

このたんぱく質は、愛犬の骨や筋肉、皮膚・被毛もたんぱく質から作られているなど、重要な栄養素と言えるでしょう。

できれば、毎日の食事では、穀物を使用しカサ増ししたドッグフードより、動物性たんぱく質として、ヒューマングレード品質の肉・魚が豊富に使用されたドッグフードを選ぶようにしましょう。

モグワンには、余計な穀物などでカサ増しはしておらず、人間が食べることのできるレベル品質のヒューマングレードな材料を使用しています。

また、国産のドッグフードでは、魚類の香りがするなど特徴がありますが、モグワンは、香料などを使用していなくても、チキンやサーモンなどの肉肉しい香りから食べムラがある愛犬にも食いつきにつながるとされています。

必須脂肪酸の良質な脂質が配合されているドッグフードを選びましょう

トイプードルの病気として、四肢以外と顔の毛が抜けるなどというアロペシアXという脱毛症の発症が増えてきている犬種とも言われます。

そして、気管虚脱という空気の通り道の気管が細くなり呼吸がしづらくなることにも注意点が必要です。

脱毛症や気管虚脱の治療に対して、脂肪酸のサプリメントが処方されるほど、脂質が必要な栄養素と言えます。

脂質を摂ることにより、脳や細胞膜を作るホルモンなどの大事な原料にもなり、健康的な被毛を保つとされています。

粗悪な質の脂質の場合、消化不良が原因で涙やけにも影響が出てきてしまうので、質の良い脂質はもちろんですが、適切な量が配合されたドッグフードを選ぶと良いでしょう。

モグワンの原材料には、チキン・サーモンを豊富に使用しているため、良質な動物性脂質を吸収することができます。

そして涙やけや皮膚炎症などを抑える働きのある成分としてオメガ3脂肪酸も含まれているのも特徴ですので、愛犬の涙やけや皮膚炎症に効果が持てるでしょう。

消化に負担をかけないドッグフードを選びましょう

トイプードルは消化器トラブルが多い傾向がある犬種と言われています。

そのため、皮膚や消化器トラブルがある愛犬には、着色料や人工保存料など、あまり摂取したくない人工添加物が含まれるドッグフードは避けて選ぶようにしましょう。

消化に負担がかかってしまう添加物や穀物類が原因で皮膚病・涙やけや消化器トラブルを引き起こしてしまう場合もあります。

モグワンには、涙やけを悪化させてしまう穀物不使用(グレインフリー)で、粗悪な添加物は一切使用していないという特徴があり、安心の原材料で形成されているドッグフードと言えるでしょう。

モグワンをトイプードルに与える量や注意点は?

モグワンをトイプードルに与える時の量は、次の通りを参考にしてみてください。

トイプードル(成犬時の体重1~4kg)の子犬に与える場合

  • 生後2~3ヵ月:60~70g
  • 生後4~7ヵ月:80~90g
  • 生後8~9ヵ月:60~70g
  • 生後10ヵ月以降:50g~成犬時と同じ量

トイプードル(成犬時の体重1~4kg)の成犬に与える場合

  • 1~7歳:26~73g
  • 7歳以降:25~69g

トイプードルの1日に与えるご飯の量は、年齢や生活環境・運動量によっても変わってきます。

個体差にもよりますが、トイプードルは他の犬種の小型犬と比べて、肥満気味よりも、痩せ気味、痩せすぎが多い傾向にあるため、ドッグフードの適正量を調整していく必要があるでしょう。

トイプードルの子犬に与える回数の注意点

トイプードルは約1年の年月をかけ、子犬から成犬へと成長していきます。

子犬時期には、多くのエネルギーが必要とされており、なおかつ消化器官の働きがまだ未熟なため、一度の食事量が多すぎる場合、胃腸トラブルを起こしかねないなど注意が必要です。

ですので、生後2~3ヵ月頃までは、1日分の食事回数を4回程度に分け、徐々に生後6ヵ月ごろまでには、1日分の食事回数を3回までに移行できれば良い傾向と言えるでしょう。

モグワンは、小粒サイズで小型犬の子犬でも食べるには、問題ないとされていますが、大きさに不安のある方は、ふやかしてあげたり、割ってあげたりすることもおすすめです。

トイプードルの成犬に与える回数の注意点

トイプードルの成犬の与える回数は、他の犬種と同様に1日分の食事回数を2回で問題ないでしょう。

ただし、食が細い傾向のある愛犬には、1日分を3回に分けて与えるなど工夫してみても良いと言えるでしょう。

トイプードルのシニア犬に与える回数の注意点

トイプードルも他の小型犬同様に7歳になるとシニア犬の分類に入ると言われています。

成犬時に比べて、一般的には加齢に伴い代謝が落ちる傾向があり、太りやすくなる場合もあれば、食がもともと細いトイプードルは、より痩せてしまう可能性もあります。

肥満気味の場合は、成犬時の目安給餌量より20~30%減らした量にしてください。

痩せ気味の場合は、食事回数をこまめに増やしてしっかり食べてもらうなど対策が必要となるでしょう。

シニア犬の場合も、加齢とともに歯が弱っている場合など、モグワンをふやかして与えたり、食べやすい大きさに割ってあげるなど愛犬にあったサイズにしてあげるのもおすすめです

トイプードルの適正体型とは?

実際に愛犬にモグワンを与えてみて、愛犬が痩せすぎなのか、適正体型なのか気になる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

モコモコな被毛をもつトイプードルは、見た目だけでは、肥満気味かどうか判断することが難しいため、直接触って判断することになります。

トイプードルの体型目安は次の通りになります。

  • やや肥満・肥満 … 全くあばら骨を感じられない
  • 理想的な体型 … あばら骨をかすかに感じられる程度
  • 痩せ気味・痩せ … あばら骨を容易に感じられる、見た目だけでもあばら骨や腰周りがわかる

まとめ

いかがでしたでしょうか。

モグワンには、トイプードルの健康的な体づくりに最適なドッグフードと言えることがおわかりいただけましたでしょうか。

モグワンは、アレルギーの原因にもなりかねない添加物を極力摂取したくないと考える飼い主さんにおすすめします。

また、良質なたんぱく質と脂質をバランス良く摂取し、長生きできる体づくりを手助けしてくれるドッグフードを探している飼い主さんにもおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました